三毳山のカタクリ  2016年03月25日
★三毳山のカタクリの里へは何度か行っています。今回は初めて頂上まで登ってきました。万葉集に「下毛野みかもの山の小楢のすまぐわし児ろは誰が筍か持たむ」と歌われている山で低いが趣のある山です。

まず、自分なりのベストショットです。

カタクリ群生地の入り口です。丁度お昼時で、皆さん弁当を広げておられました。

イノシシ避けのフェンスで囲われていました。


→三毳山公園の温室で咲いていたヒスイカズラです。

カタクリの群生の様子です。

岩陰に咲くカタクリ

頂上への道 低い山ですが、ちょっとしんどいです。

途中 カタクリ以外の花も咲いています。
これはスイカズラ科のウグイスカグラです。

頂上 マイクロウェーブの中継施設があって幻滅。

頂上 人工物をはずせばまずまずの景観です。

北側には男体山ほかの日光連山が見えました。
西側には浅間山も見えました。
頂上近くにはヤマツツジも咲いていました。

男体山をアップにしました。

ヒオドシチョウがいました。これは成虫で冬を越すタテハチョウです。

帰りにもカタクリの里を通ります。

キクザキイチゲ

BACK